◆栃木県の観光・グルメ

◆宇都宮の観光・グルメ

・二荒山神社:約1600年前に創建された由緒ある神社で豊城入彦命[とよきいりひこのみこと]を祭る。社宝に国指定重要美術品の三十八間星兜[さんじゅうはっけんほしかぶと]と鉄製狛犬がある。栃木県宇都宮市馬場通り1-1-1 JR宇都宮駅→関東バス作新学院・駒生行きで3分、バス停:馬場町下車、徒歩1分

・宇都宮みんみん本店:1958年(昭和33)創業。平日でも常に行列ができ、店内は活気がある。本場北京の味を伝える焼餃子は薄めの皮。ゴマ油を使い、焼き面がパリッとして香ばしい。価格は焼・揚・水餃子各240円、ご飯100円と手ごろ。観光客・常連客がともに多い。持ち帰り可。提携駐車場では、食事をすると1時間サービスあり。栃木県宇都宮市馬場通り4-2-3 交通 JR宇都宮駅→関東バス作新学院・駒生行きで3分、バス停:馬場町下車、徒歩2分

・元祖岡本観光ヤナ:鬼怒川の清流に仕掛けた竹製の簗で、鮎のつかみ取りが楽しめる観光ヤナ。とれたての鮎は、食堂ですぐ料理して食べさせてくれる。塩焼き2尾900円。鮎汁・塩焼き・フライが付く、鮎定食1900円も人気。活鮎刺身1人前1000円、ウナギかば焼1人前700円。栃木県宇都宮市東岡本町200 TEL 028-673-2031 JR岡本駅→車5分

◆日光周辺の観光・グルメ

・日光山輪王寺:神仏習合の地であるため、輪王寺所管の堂塔は神社の境内も含めた山内一円に散在している。平安時代に朝廷から一山の総号として満願寺[まんがんじ]の名を授かり、後に、円仁[えんにん]の来山により天台宗となった。鎌倉時代には天皇家から門跡[もんぜき]を招く皇族座主が始まり、以後も日光三社権現信仰の中心として栄えた。比叡山延暦寺[ひえいざんえんりゃくじ]、東叡山寛永寺[かんえいじ]と並び、天台宗三山の一つに数えられ、大般涅槃経集解59巻は国宝。明治時代の神仏分離令によって、一時は満願寺に復称となったが、1883年(明治16)に寺号復活し、今日の輪王寺になった。栃木県日光市山内2300 JR日光駅・東武日光駅→東武バス中禅寺温泉または湯元温泉行きで5分、バス停:神橋下車、徒歩5分。または東武日光駅→東武バス世界遺産巡り循環で10分、バス停:勝道上人像前下車、徒歩2分

・ゆば亭ますだや:湯波[ゆば]専門店として名高い海老屋の湯波を素材にした、生ゆばのコース料理が味わえる。椅子席コース3990円、お座敷コース5450円。どちらも湯波の刺身や煮物、川魚の塩焼きなどが付き、風味を生かした上品な味付けが好評。午後は要予約。日光市石屋町439 JR日光駅・東武日光駅→徒歩7分

・グルマンズ和牛:松阪牛や前沢牛など、厳選した和牛のステーキが楽しめる店。昼のコースは3150円〜、ディナーコースは5250円〜。コースにはオードブル、スープ、サラダ、炒め御飯、デザート、コーヒーが付く。要予約。 日光市所野1541 JR日光駅・東武日光駅→東武バス霧降高原行きで4分、バス停:丸美下車、徒歩10分

◆立ち寄り温泉

立ち寄り温泉 神奈川 | ◆立ち寄り温泉 埼玉 | ◆立ち寄り温泉 千葉